旭川実業高等学校 同窓会

2019年

【報告】 1/29「同窓会本部役員と新学級幹事の昼食会」が行われました

1月29日(火)13時30分~ アートホテル旭川15階のMINORIにて、「同窓会本部役員と新学級幹事の昼食会」が行われました。

この昼食会は、同窓会の活動に対する理解と将来の活動の基盤である、在校生との交流を図ることを目的に毎年実施されています。
卒業を控えた3年生の各クラスから選出された2名の代表幹事、計26名(内1名は欠席)とOB・OGの教職員13名、そして同窓会本部役員の計47名の皆さんに出席をしていただきました。また、今年は学校からホテルに会場を変更し行いました。

昼食会では、OB教員の岸部 一孝 先生の司会進行の下、富田 秀彦 同窓会会長の挨拶、テーブルごとの役員紹介を行いました。その後、旭川市内を一望できる最上階のランチビュッフェで昼食会がスタートしました。

はじめは皆、緊張気味でしたが、和気あいあいとした雰囲気で会話も弾み、新幹事の皆さんの緊張もほぐれ、約1時間にわたり交流を深めることができました。

最後に会ごとに記念撮影を行い、盛況のうちに終了することができました。

参加された新幹事の皆さん、OB・OG教職員の皆さん、そして本部役員の皆さん、お疲れ様でした。

新幹事の皆さんの活躍を期待しています。

【報告】「建築会役員忘年会」を開催しました

12月7日(金)、居酒屋極(3の7)において、建築会の「役員忘年会」を開催しました。
会の冒頭に飛鷹建築会会長より、「同窓生の集い」の幹事役として、盛大に開催出来たことへの感謝の挨拶。続いて、来賓の富田同窓会会長からは、男子サッカー部の全国大会出場の報告と協力の要請がありました。その後、役員間で日頃の労を労いながら交流を深め、有意義な忘年会となりました。参加された皆さん、お疲れ様でした。

ページの先頭へ