旭川実業高等学校 同窓会

広場

ホーム » 広場 – 恩師紹介 » 橋本 忠 先生

恩師紹介 橋本 忠 先生

橋 本 忠(Tadashi Hashimoto)
専門教科 自動車専門教科
在職期間 昭和39年7月1日~
平成12年3月31日定年退職
平成12年4月1日~
平成25年3月31日(時間講師)


 橋本先生は三笠市出身で北海道三笠高校、北海道自動車短期大学卒業後、昭和36年4月に北海道マツダ販売株式会社業務科に就職されました。
 昭和39年6月に短大時代の恩師から「旭川実業高校の自動車科で教員をやってみないか?」との連絡が入り、昭和39年7月より本校の自動車科教員として勤務を決意されました。以後のご縁は半世紀以上の長きにわたります。平成12年に定年を迎えましたが、更にその後、平成25年3月まで、時間講師としてご尽力いただきました。

 在職中、生徒指導部長を計6年間努められ、現在の自転車駐輪場、生徒会室、自動車科実習工場、校地内の舗装など、当時、整備が行き届いていなかったため、堀水孝教先生に生徒のためにとお願いをし、整備をされたようです。赴任当時は進学先や就職先も少なく生徒達のために職場訪問等を行い、進路指導にも力を注いでいただきました。

 平成25年3月の退職を期に、現在は、趣味であるご自宅の庭の手入れや木工作品の作成、温泉等を楽しまれていらっしゃいます。また、運転免許として、普通車・大型・けん引・大型2輪の免許を取得しておりますが、現在も優良ドライバーとして、ドライブを楽しまれていらっしゃいます。最後に先生は、「卒業生としていつまでも旭川実業高校を盛り上げて欲しいです。」おっしゃっていました。

平成25年11月8日(金)取材
 情報委員会

ページの先頭へ