旭川実業高等学校 同窓会

広場

ホーム » 広場 – 恩師紹介 » 井上 雅明 先生

恩師紹介 井上 雅明 先生

井 上 雅 明 (Masaaki Inoue)
専門教科 自動車専門教科
在職期間 昭和37年4月1日~
平成14年3月31日定年退職
平成14年4月1日~現在(時間講師)


 井上先生は旭川市のご出身で、旭川商業高校、北海道自動車短期大学卒業後、当時、本校の副校長をされていらっしゃいました、水川先生に声をかけられ、本校の自動車科に就職を決意されました。以後のご縁は半世紀以上の長きに渡ります。平成14年に定年を迎えましたが、現在も自動車科の時間講師として、自動車実習の指導をされていらっしゃいます。

 赴任当時は先生が高校時代に所属していたブラスバンドのご経験を活かし、吹奏楽部の顧問として、約10年間担当されたそうですが、当時は学校に楽器がなく、国鉄(現在のJR北海道)から楽器を借りて演奏していたとおっしゃっていました。その後、スキー部の顧問になり、4年連続で全国大会(ノルディック)へ選手達を牽引されたそうです。また、当時の体育祭で自動車科が出品していた、製作車輌を生徒達と一緒に作成したことは、今でも思い出に残っているとお話しして下さいました。

 休日は、41歳の時から始められたゴルフ(セミプロ級)を現在も楽しまれているそうです。

 最後に先生は、「健康に気をつけ、私より先に死なないで欲しいです。」と冗談をまじえながら、おっしゃっていただきました。

平成25年11月11日(月)取材
 情報委員会

ページの先頭へ