旭川実業高等学校 同窓会

広場

ホーム » 広場 – 恩師紹介 » 河村 洋一 先生

恩師紹介 河村 洋一 先生

河 村 洋 一(Youichi Kawamura) 河村 洋一

専門教科

専門外教科


担当部活動

商業(会計・工業簿記)

音楽


簿記部、合唱部、吹奏楽部、美術部

在職期間 ●教諭 
昭和40年8月1日~平成9年3月31日
(定年退職)

●時間講師
平成9年4月1日~平成14年3月31日

 河村 洋一 先生は札幌市ご出身で、北海高校、北海学園大学経済学部を卒業されました。昭和40年に本校に赴任し、商業科に所属していましたが、音楽教科応援のため6年間音楽の授業を担当していました。入学式・卒業式でピアノを弾いたのを懐かしく思い出します。平成9年に定年を迎えましたが、更にその後5年間、平成14年3月まで時間講師として、本校のためにご尽力いただきました。

 赴任当時の商業科は1学年に6クラスもありました。当時、電気科の電気工事士の資格取得への取り組みが全国的に大きく取り上げられるようになり、商業科でも他の商業高校と同等に肩を並べられるような人材を育成したいとの先生のお考えから、本来3学年で受講する会計の授業を2学年で指導され、10名の生徒に会計の資格を取得させたり、金融機関に就職が決まった生徒に簿記1級(会計・工業簿記)を2か月間の特訓で取得されたり、多くの実績を残されてきました。また、昭和62年頃(50歳)からは、パソコンが急速に普及し始め、パソコンを指導する教員が不足していたことから、独学でwindows95を学ばれ、素人同然の状態から指導をされ、エクセル(表計算)3級は全員合格という資格取得に向けて励まれたそうです。

 平成19年に完全に学校を離れられましたが、現在も神楽公民館や永山公民館で週に4回パソコン教室を開かれ、パソコンの基礎から資格取得のための指導をされていらっしゃいます。中には赴任当時の教え子も、河村先生のパソコン教室に通われているそうです。

平成26年8月19日(火)取材
情報委員会

ページの先頭へ